腕時計の仕組み

腕時計の仕組み

現在作られている機械式の腕時計はゼンマイを巻き上げることでそのゼンマイが
ほどける力を利用して動いています。
機械式腕時計は大きくゼンマイの巻き上げ方によって「手巻き」と「自動巻き」に
分けられます。
手でゼンマイを巻き上げ、動力源とする方式を「手巻き式腕時計」といいます。
一般的には「竜頭(リューズ)」と呼ばれる部品があり、
ネジを締めるようにこの竜頭を回転させることでゼンマイを巻くことができます。
巻きあがったゼンマイは、元に戻ろうとしてほどけていくのでその力を利用する
というわけですね。決められた速度で正確に針を回すことにより、
時計としての機能するというわけです。
自動巻きというのは手の振動などを利用し自動でゼンマイを巻いてくれるというもので
毎日時計をつける方は巻く必要がありません。
機械式時計のデメリットはゼンマイがほどけてしまうと止まってしまうので
定期的に竜頭を回転させる必要があることです。
一方で最近多いクォーツ式腕時計は電池の交換が必要なものの
時計の誤差なども少なくゼンマイを自分で巻く必要がありません。
腕時計の仕組みやメンテナンスについての情報です

copyright(C)ユーコム不動産